2年で高卒コンプレックスを解消できる方法

通信制大学

社会に出たら学歴は関係ないと言われています。
しかし、高卒という学歴にコンプレックスを感じ、様々なことにチャレンジできない人がいます。

すごくもったいないです。

そんな方向けの
最も早く高卒という学歴を更新することができる方法。

それが、通信制の短期大学を卒業することです。



【2年で高卒ではなくなる】

通信制の短期大学に入学すれば、最短2年で短大卒の学歴が手に入ります。
4年間、通信制の大学に在籍して、
レポート、試験、スクーリングをこなすことは容易ではないです。

基本、通信制は自習が多いので、サポートも少く不安になることも多いです。
そのような環境で4年間学習を続けることは、思っている以上に大変です。。

モチベーションが維持できなくなり、退学される人も多いです。

しかし、大学の半分、2年間の短大なら何とか頑張れる人もいると思います。

4年後は先が長く感じますが、2年なら頑張れる人が多いはずです。

あっという間ですよ。

【学費の負担も半分】

短大なら学費も大学の半分で済みます。

産能なら入学から卒業までの学費が

トータルで44万円で収まります。

学費サポートローンの利用すれば、
月々の返済6000円から学べますからね。

私もオリコの学費サポートを利用しました。
(現在も返済中です)

2年間、44万円で短大資格を得れれば、

コスパは最強だと思います。

【就職・転職の幅が広がる】

通信制の短大を卒業すれば、

最終学歴は高卒から短大卒になります。

最近の求人では、応募資格が

「短大・専門」以上、

となってる求人も多いです。

私も過去、応募したい求人が

応募資格 短大・専門卒以上で

応募できなかったことが数回あります。

何か、凄く悔しかったです・・・。

当時、すでに宅建の資格を持ってたのに、
学歴の壁を越えられなかったわけですから。

特に事務職、女性向きの求人の方が

短大・専門卒以上の
学歴を求めるとこが多い印象です。

【社労士・税理士試験の受験資格が得られる】

通信制の短大を卒業すれば、

短大卒の学歴と同時に

社労士や税理士試験の受験資格も得られます。

社労士、税理士試験は受験資格があり、

実務経験が一定年数以上とか、特定の資格をもってないと
高卒の人は受験できないんです。

これも変な話ですが仕方ないですよね。

高卒で社会保険労務士を目指してる人には、

「産能短期大学 通信課程 社労士コース」

がお勧めです。

短大2年間で社労士の勉強もできるし、
卒業と同時に受験資格も得られますからね。

これほどコスパが良いことはないでしょう。

【通信制大学はコロナ禍で卒業しやすくなっている】

通信制の大学は124単位中、4分の1の30単位以上を
対面授業(スクーリング)で取得しないと卒業ができません。

このスクーリングのおかげで、通信制の大学の卒業率は低いわけです。

一番は日程の調整。

通信制の大学で学んでる人は

30歳代、40歳代以上の社会人の方が大半です。

社会人にとってスクーリングを受けることは時間的にキツイ部分があります。

計画的に有給休暇を使用したりとかが必要ですし、

遠方の方は宿泊も必要になります。

しかし、現在はコロナの影響で
通学でのスクーリングは休止になっているとこが多いです。

殆どがオンラインスクーリングに移行しています。

このオンラインスクーリングなら、

自宅にいながらzoomでスクーリングを受講できます。

私もオンラインスクーリングを受講しましたが、

通学に比べるとメリットが多かったです。

通学スクーリングの場合、大学までの交通費、通学時間が負担になりますが、
オンラインの場合はパソコンの電源を入れるだけですからね。

開始10分前に起床して、パジャマ姿で大学のスクーリングを受講できます。

本当に楽でした。

オンラインスクーリングの普及で、
今は間違いなく卒業しやすくなってます!

チャンスですよ。

【このご時世だから短大から】

コロナの影響で経済的に不安です。

なので、大卒の資格を望んでる方も
期間、学費も半分の短大から始めたほうリスクが低いです。

産能の場合、短大卒なら、大学3年時から編入できます。

4年は無理だけど、2年ならって人にも短大がお勧めです。
通信制の短大を置いてる学校は少ないですが、まずは学校に資料請求してから検討することをお勧めします。私は産能出身なので産能をお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました