ハローワーク 職業訓練 求職者支援訓練

職業訓練

高卒、資格経験無しで仕事を探すときには、

ハローワークを利用することが多いと思います。

それは、ハローワークの求人は、学歴不問、資格経験不問の仕事が多く、

私のような人でも採用される可能性が高いからです。

しかし、ハローワークは就職先を探すことだけではなく、

職業訓練 訓練生の募集も受け付けています。

職業訓練の存在を知らない人も多いかもしれません。

普通は、仕事探しと、退職後の雇用保険(失業保険)の給付申請で行くことが大半だと思いますからね。

私は、計6回も職業訓練を受講しています(笑)
(途中退校あり)

訓練については詳しい方かと思います。

ハローワークの職業訓練には大きく2つに分けることができます。

有料の職業訓練

無料の職業訓練

の2つ。

私は有料の職業訓練は受講した事がないので、無料の職業訓練について書いて行こうと思います。

無料の職業訓練も2つに分けることができます。

雇用保険の受給資格者向けの職業訓練

雇用保険の受給資格が無い人向けの職業訓練

の2つです。

雇用保険 受給資格者向けの訓練を「公共職業訓練」といいます。

雇用保険 受給資格が無い人向けの訓練を「求職者支援訓練」といいます。

簡単に説明すると、公共職業訓練は県が開講している訓練で、

求職者支援訓練は民間企業が開講している訓練です。

私は両方とも受講しましたが、公共職業訓練の方が、より専門的な訓練内容になっています。

技術系の訓練コースが主ですね。

電気とか溶接とか。

訓練をするのに特殊な道具や施設が必要なのが多いから、民間で実施するのは難しいのだと思います。

求職者支援訓練はパソコン教室とか資格学校などの民間の企業が国から委託を受けて行っています。
(公共職業訓練にも民間委託でパソコン、経理の訓練などがありますが)

座学中心の訓練が多いですね。
私は、オフィス系(ワードエクセル)、Web系、経理系の訓練を受講しました。

求職者支援訓練の凄いとこは、要件を満たす受講生なら、毎月10万円の給付金が貰えることです。
お金も貰いながら、無料で職業訓練を受けることができるのです!
もちろん、私も給付金を貰っていました。

求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方(※1)に対し、

1.無料の職業訓練(求職者支援訓練)を実施し、

2.本人収入、世帯収入及び資産要件等、一定の支給要件を満たす場合は、職業訓練の受講を容易にするための給付金(職業訓練受講給付金)を支給するとともに、

3.ハローワークが中心となってきめ細やかな就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyushokusha_shien/index.html

10年くらい前、求職者支援訓練と似た制度で、基金訓練という同じように給付金を貰いながら受講できる訓練がありました。
当時は訓練コースも豊富で、沢山の民間企業が参入していましたが、
基金訓練で給付金詐欺や、委託先の訓練校の不正が多発して問題になりました。
その営業で基金訓練は廃止、新しい求職者支援訓練では、給付金の受給要件が厳しくなり、
委託先の民間企業の要件も厳しくなり、訓練コースが激減しました。

基金訓練、求職者支援訓練ともに、個性が強い先生や受講生がいて、面白い経験ができました。
大人の幼稚園みたいな雰囲気のコースもありましたね(笑)

訓練内容などは今後、記事にしていきたいと思っています。

公共職業訓練、求職者支援訓練のサイトを下記に貼っておきます。
参考になれば幸いです。

東京ハローワークhttps://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/kyushokusha/syokugyou_kunren.html

全国訓練検索https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/GECA150010.do?action=initDisp&screenId=GECA150010

コメント

タイトルとURLをコピーしました