通信制大学で単位を取得する方法 科目修得試験

通信制大学

私は公立高校を卒業してから17年後に産業能率大学の通信課程に入学しました。
無事に4年で卒業できたわけですが、入学前は卒業できるか不安でした。
ネットの情報とかで通信制大学の卒業率は10%とか書かれていたのを見ていたからです。
中退してしまったらお金の無駄です。

無事に単位は取れるのか?

そもそも単位とは?

講義は難しいんじゃ?

レポート書くの大変じゃないかな?

通学スクーリング大丈夫かな?

産能名物 グループワークが嫌だな・・・

と、不安が沢山

大学に行ったことのない高卒の私には、
大学の勉強がどういうものなのかをしらないわけですからね。

入学手続きをして入学が受理され、学費の納入が済むと大学から大量の教科書(テキスト)が送られてきます。

テキストは産能の教授の著書、一般書籍、大学オリジナルテキストなどです。

産能は教科書代、スクーリング代込みで年間20万円の学費なので、

別途 教科書代が掛かることはありません。

教科書の裏表紙に価格が書いてありますが、
1冊2500円~3000円くらいの価格のが多いです。

教科書代だけで数万円はしてますね。改めて産能は安いと思います。

産能の教科書はとても解りやすく、勉強が苦手だった私でも苦なく読むことができました。

たぶん、高校の教科書より構成は良く、読んでで飽きないと思いますよ。

通信制大学で単位を取る方法は2つあります。

・科目修得試験(単位修得試験)に合格する

・スクーリング(対面授業)を受講して修了試験に合格する

今回は、科目修得試験で単位を取るまでの流れを簡単に書いていきます。

大学から送られて来るすべての教科書にレポートが挟まれています。

レポートには2種類あって、

・はがきタイプのレポート
・封筒タイプのレポート

があります。

このレポーポを作成して、産能に郵送します。

レポート作成と聞くと難しいものだと思う人がいると思いますが、
何のことは無い。教科書を見ながら解答する、小テストと思ってもらって大丈夫です。

産能のレポートとは、「教科書を見ながら解答する小テストです」

教科書を見ながら解答するので難しくないです。

はがきタイプのレポートは50問4肢択一です。

50問中30問の正解で「合格」です。

資格試験とは違い教科書を見ながら解答できて6割の正当でいいわけですから
難しくないですよね?

封筒タイプのレポート

封筒タイプのレポートは選択問題4割、記述問題6割です。

こちらはハガキタイプのレポートより作成に時間が掛かります。

記述問題が3問程度あり、

「~について300字程度で説明しなさい」
「^について400字前後であなたの考えを述べよ」

などが多いです。

これらの問題は択一問題と違い
テキストで答えを調べるだけでは解答できないので時間は掛かります。

でも、教科書で問題の該当部分を読めば取り合えずは書けると思いますよ。
教科書の丸写しでも、一応点数を貰えたこともあります(笑)

まずは、はがきタイプのレポートから作成することをお勧めします。

ちなみに私はレポート落ちたことは一度もありませんでした。

心配する必要はないと思います。

万が一、落ちたとしても無料で再提出できますからね。

レポートに合格すると、科目修得試験(単位修得試験)を受験することができます。

2020年現在、新型コロナの影響ですべてオンライン受験になってるのかな?

私のときは2か月に1回程度実施されていて、指定会場で受験しておりました。

イメージとしては資格試験の縮小版みたいな試験で緊張感は全然ありませんでした。
一応、試験監督の人はいますけどね。みんな受験する科目が違うので、カンニングのしようがないからでしょうか。

1日最大5科目まで受験することができます。

この科目修得試験も教科書、テキストの持参がOKです!

テキストを見ながら問題を解ける資格試験は殆どないことを考えれば、
難易度は高くないことがお分かりになるかと思います。

中学校、高校の中間・期末試験の方がよっぽと緊張感あります(笑)

しかし、私は科目修得試験は何回か落ちて単位を取れなかった科目があります。

落ちた原因は、大半が時間が足りなくて解答しきれなかったこと。

科目修得試験も封筒タイプのレポートと同様に、

択一問題が4割

記述問題が6割

このタイプが多いです。

教科書を見ながら択一問題を解くのも時間が掛かります。

200ページ以上ある教科書から該当ページから答えを探すのが
思いのほか時間を取られます。

記述問題は自分の考えとかを書かされることが多いので、
教科書から該当箇所を探す時間は少ないのですが
自分の考えを整理するのに時間が掛かったりします。

また、300字以上で、とか
文字数の指定とかがあると時間が掛かります。

科目修得試験は1時間しかないので、
わりとキツイです。

ペース配分がとても大事になります。

でも、逆に言えば時間配分さえ間違わなければ、

科目修得試験に合格するのは難しくないです。

一部で先生が合格基準を高めに設定してる科目もありますが(笑)

個人的には科目修得試験の合格率は9割を超えてるような気がしてます。

私がこれ落ちたな。と思った出来でも合格してたことが何度かありましたしね。

記述問題はとりあえず書いておけば部分点をくれるので何とかなると思います。

教科書をさらっと読む→レポート提出→合格→科目修得試験→合格

卒業に必要な単位の約8割はこのパターンで単位を取る人が多いと思います。

単位を取るもうひとの方法である

「スクーリング」

については、

後日、記事にしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました